人気のホワイトニングを徹底比較

コーヒーの口臭原因とその対策

独特の香ばしい匂いと共に楽しむコーヒー。

コーヒーを朝の楽しみとして常用されている方も多いのではないでしょうか。

そんなコーヒーですが、場合によっては口臭の原因となってしまうだけでなく、もともとの口臭が悪化してしまうことも。

コーヒーがなぜ口臭の原因となるのか、その理由と対策についてご紹介していきます。

コーヒーが口臭の原因となる3つの理由

では、日常生活の中でどういう時に口臭が気になるのでしょうか?

理由① コーヒーの成分によるもの
コーヒーは体内に入るとアルカリ性に変わりますが、飲む前は酸性の強い飲み物です。口内が酸性になることで、細菌数が増えます。細菌の増加は、口臭の原因となってしまうのです。

理由② コーヒーの利尿作用によるもの
コーヒーを飲むとトイレが近くなりませんか?これは、コーヒーだけに限らずカフェインの利尿効果のため。カフェインを摂取すると血管が広げられ、体の血液量が増えます。血液量が増えることで尿の生成も増加し、トイレが近くなってしまうのです。緊張したときや寝起きに口臭がきつくなるのも、口内の水分減少によるものです。体の水分が少なくなると、口内が乾きやすくなり口臭の原因となってしまいます。

理由③ コーヒーの形状によるもの
コーヒーは抽出した後にも豆の微粒子が残っています。小さな粒が舌に付着することで、口臭の原因となります。

コーヒーが原因の口臭を防ぐ対策4選

では、人に口臭というスメハラで迷惑をかけないようにするにはどういうことに気を配ればいいのか、対策をご紹介します。

対策① 水を飲む
コーヒーは体内の水分を減少させ口内を乾きやすくします。そのため、水分補給が効果的です。余裕があればうがいもして、口全体に水分が十分いきわたるようにしましょう。

対策② ガムを噛む
ガムを噛むことでだ液の分泌を促すことができます。水分を摂るのと同じく、口内の乾燥予防は口臭対策に効果があります。

対策③ 空腹時を避ける
寝起きなどお腹が空いているときに、コーヒーを飲むと口内の細菌が活発になります。細菌の増加は口臭の原因に。また、空腹時のコーヒーは刺激が強く胃腸にも負担がかかってしまいます。コーヒーはできるだけ食後の楽しみにとっておきましょう。

対策④ 舌磨きをおこなう
前述しましたように、コーヒーの微粒子が口臭の原因となることもあります。舌ブラシを使って、臭いの元となる粒子を取ることで口臭対策になります。

体内から改善!イチオシの口臭サプリ

上記に挙げた対策を実行しても、口臭がなかなか改善されない場合も。

そんなときは、口臭サプリで体内から口臭を改善することがおすすめです。

口臭サプリは、毎日摂取する事で腸内環境を整えるだけでなく、体質改善にも効果が期待できます。

また、消臭サプリはすぐに効果のあるタイプも販売されています。

自分の口臭が気になったとき、サッと取り出して摂取するなど手軽に利用することも可能です。

脳のリラックスにも良いと言われるコーヒー。

口臭サプリを併用し、これからも美味しく快適にコーヒーを楽しんでいきたいですね。

おすすめ記事

歯のマニキュア「ラミネートベニア」

ラミネートべニアとは? ラミネートべニアとは、歯を白く見せる審美歯科の施術のひとつで、歯の表面を薄く削り、上からセラミックなどのかぶせ物をする方法です。 ホワイトニングでは対応しきれない歯の変色にも対応できたり、2回ほど

神経を治療した歯の変色の理由と解決方法

神経を抜いた歯が変色してしまう理由 虫歯の治療の一環で神経を抜く場合があります。 そうではない場合も、転んだり何かが強く当たったりした衝撃によって歯の神経が死んでしまうこともよくあることです。 神経を抜いた歯は変色しやす

ホワイトニングに効果的な歯ブラシの選び方

ホワイトニング効果を高めるために歯ブラシの選び方が重要 お金を払ってホワイトニングを行うなら、効果はできるだけ持続させたいもの。 ホワイトニングの効果は人それぞれですが、2週間~12ヶ月ほどといわれています。 期間に差が