人気のホワイトニングを徹底比較

デンタルフロスや歯間ブラシが臭いと感じたらあなたも口臭かも

歯医者でも推奨されるデンタルフロスや歯間ブラシ。歯の隙間汚れを取り除き口の中をスッキリとすることができます。

そんなデンタルフロスや歯間ブラシですが、処理をした後、何気なく臭いを嗅ぐと「く、臭い……」と感じることが。

その匂いは、歯についた汚れの臭いだけでは無くご自身の口臭が原因かも知れません。

そこで本記事では、匂いの原因と対策についてご紹介します。

デンタルフロスや歯間ブラシが臭う原因と対策

歯と歯の間に詰まったカスや歯垢の汚れを落とすデンタルフロス。歯ブラシではなかなか取れない汚れが取れるので大変便利です。

最近では、乳児や子供用の歯間ブラシも販売されています。

なぜデンタルブロスが臭うのでしょうか?原因と対策についてまとめました。

原因① 何度も使用しているので雑菌が繁殖している

使い捨てのデンタルフロスを使用されている場合は問題ありませんが、洗って何度も使える歯間ブラシの場合、雑菌が本体に付着・繁殖している可能性があります。

対策法は、使用期限をしっかりと守り、臭いが強いようであればら新しいものに交換するか、初めから使い捨てタイプを利用しましょう。

原因② 口内にトラブルが発生してい

口内で虫歯や歯周病が発生している場合も、臭いが付着する原因になります。

特に歯周病が原因で発生するガス「硫化水素」と「メチルメルカプタン」は、それぞれ「おならや便」「魚が腐った」臭いと言われるほど……。デンタルフロスや歯間ブラシを嗅いだ時にこれらの悪臭がした場合は、要注意です。

口内のトラブルは放っておくと悪化することも。早めにかかりつけの歯科医に相談しましょう。

原因③ 銀歯が原因

銀歯を使用している人は特に臭いが付きやすくなります。

銀歯は劣化などが原因で傷つきやすく、傷の中に菌が溜まることで臭いの原因に。

また、銀歯と本来の歯の間の隙間に汚れが入り込んでしまい臭いが発生する場合があります。

歯医者での定期的なクリーニングや資金に余裕があれば、より丈夫なセラミックに変えることが対策になります。

デンタルフロスや歯間ブラシは口臭対策にも

とは言え、デンタルフロス・歯間ブラシ共に食べカスを取り除く効果があるので、口臭予防としてはとても効果的です。

実は普通の歯磨きでは口内の歯垢除去率はおよそ60%と言われています。

しかし、デンタルフロスなどを使用することで除去率を上げることが可能できるのです。

原因不明の口臭の場合は口臭サプリがおすすめ

デンタルフロスや歯間ブラシ本体や口内トラブルにも心当たりが無い場合は、口臭サプリがおすすめです。

口臭の原因はほとんど口内に問題がありますが、腸内環境など体自体に問題がある場合もしばしば。

口臭サプリは口臭を体の中から抑えるだけでなく、腸内環境を整えるなど嬉しい効果もあります。

以上、いかがでしたでしょうか?

口臭予防にもなるデンタルフロスや歯間ブラシ。汚れをしっかりと落として口臭も一緒に予防していきたいですね。

おすすめ記事

歯のマニキュア「ラミネートベニア」

ラミネートべニアとは? ラミネートべニアとは、歯を白く見せる審美歯科の施術のひとつで、歯の表面を薄く削り、上からセラミックなどのかぶせ物をする方法です。 ホワイトニングでは対応しきれない歯の変色にも対応できたり、2回ほど

神経を治療した歯の変色の理由と解決方法

神経を抜いた歯が変色してしまう理由 虫歯の治療の一環で神経を抜く場合があります。 そうではない場合も、転んだり何かが強く当たったりした衝撃によって歯の神経が死んでしまうこともよくあることです。 神経を抜いた歯は変色しやす

ホワイトニングに効果的な歯ブラシの選び方

ホワイトニング効果を高めるために歯ブラシの選び方が重要 お金を払ってホワイトニングを行うなら、効果はできるだけ持続させたいもの。 ホワイトニングの効果は人それぞれですが、2週間~12ヶ月ほどといわれています。 期間に差が