人気のホワイトニングを徹底比較

ホワイトニングに効果的な歯ブラシの選び方

ホワイトニング効果を高めるために歯ブラシの選び方が重要

お金を払ってホワイトニングを行うなら、効果はできるだけ持続させたいもの。

ホワイトニングの効果は人それぞれですが、2週間~12ヶ月ほどといわれています。
期間に差があるのは、ホワイトニング後のメンテナンスによって効果が左右されるから。ホワイトニングの効果を高めるためには、普段の歯磨きが重要なポイントとなるのです。

ホワイトニング製品の成分

海外のホワイトニング製品の成分には「過酸化水素」が使用されていることが多いです。

この「過酸化水素」には歯を漂白する効果がありますが、濃度が高いものは効き目が強い分、口内を傷つけてしまう可能性があります。

日本の薬事法では過酸化水素を市販のホワイトニング製品には入れてはいけない決まりがあるので、使用するには歯医者で歯科医におこなってもらわなければいけません。

それだけ扱いに気を付けなければいけない成分なのです。

普段の歯磨きでホワイトニング効果に差が出る理由

なぜ、歯ブラシの選び方によってホワイトニング効果に差が出るのでしょうか?

それは、自分の口に合わない歯ブラシを使うと、歯にブラシがきちんと当たらず磨き残しが出てきてしまうからです。

歯の磨き残しは、ホワイトニング効果だけではなく虫歯や歯周病の原因にもなります。

自分の歯を綺麗に・大切に保つためにも歯ブラシの選び方は重要だということを覚えておいてください。

ホワイトニングに効果的な歯ブラシの選び方

ホワイトニングに効果的な歯ブラシにはどんな特徴があるのでしょうか?

硬さは“やわらかい”がおすすめ

歯ブラシには毛の硬さがあり、「やわらかい」「ふつう」「かたい」の3種類が定番です。

ホワイトニング効果を高めたいのであれば、やわらかめの歯ブラシを選びましょう。

最も避けたいのが、かための歯ブラシ。かたい歯ブラシは歯垢は除去しやすいものの、歯の表面や歯茎が傷付きやすくなります。

歯のエナメル質も傷つけることになり、ホワイトニング効果が薄れたり、歯に着色が起こりやすくなったりしてしまいます。

エナメル質が削られると、歯の内側の象牙質が見えやすくなってしまい、場合によってはかための歯ブラシで磨けば磨くほど歯が黄色くなることにもなりかねません。

毛先は“平ら”がおすすめ

毛先がギザギザになっている歯ブラシもありますが、ホワイトニング効果を持続させるためには、平らなものを選びましょう。

ギザギザの歯ブラシは、かたい歯ブラシと同様歯のエナメル質を傷付けやすい特徴があります。

平らな歯ブラシであれば、均等に圧力をかけながら歯を磨くことができ、ホワイトニングをした歯にも優しいです。

ホワイトニングに効果的な歯ブラシの使い方

歯をきちんと磨きホワイトニングの効果を得るためには、持ち手にあまり力を入れず、優しく歯磨きをするのがポイントです。

鉛筆と同じ持ち方をするのがベスト。力を抜いて適度に磨くことで、ホワイトニングの効果も高まります。

せっかく行ったホワイトニング。効果を持続させるためにも、歯ブラシの選び方や磨き方には十分に気を付けましょう。

おすすめ記事

歯のマニキュア「ラミネートベニア」

ラミネートべニアとは? ラミネートべニアとは、歯を白く見せる審美歯科の施術のひとつで、歯の表面を薄く削り、上からセラミックなどのかぶせ物をする方法です。 ホワイトニングでは対応しきれない歯の変色にも対応できたり、2回ほど

神経を治療した歯の変色の理由と解決方法

神経を抜いた歯が変色してしまう理由 虫歯の治療の一環で神経を抜く場合があります。 そうではない場合も、転んだり何かが強く当たったりした衝撃によって歯の神経が死んでしまうこともよくあることです。 神経を抜いた歯は変色しやす

ホワイトニングに効果的な歯ブラシの選び方

ホワイトニング効果を高めるために歯ブラシの選び方が重要 お金を払ってホワイトニングを行うなら、効果はできるだけ持続させたいもの。 ホワイトニングの効果は人それぞれですが、2週間~12ヶ月ほどといわれています。 期間に差が