人気のホワイトニングを徹底比較

ホームホワイトニングとは?メリット・デメリットなど

よく耳にする「ホームホワイトニング」とはどのようなものなのでしょうか。

芸能人でなくてもごく当たり前に私たちの日常に浸透しつつある「ホームホワイトニング」について解説します。

ホームホワイトニングって何??

ホワイトニングは、「歯医者さんの中で施術を受けるもの」と、「ご自宅で自分の手でホワイトニングを実施するもの」の2種類に分けて考えることができます。

ホームホワイトニングとは、文字通り「自宅でできるホワイトニング」を指しており、自分専用の「マウスピース」に「ジェルタイプの薬剤」を塗布して歯に装着し、薬剤の自然な浸透力を通して歯を漂白していく処置になります。

一見、「自分で処置するとちゃんと白くならないのでは?」と思われるかもしれませんが、適切な手順を踏めばそのようなことにはなりません。

むしろ、歯医者さんの中で処置を受ける「オフィスホワイトニング」よりも「ホームホワイトニング」の方が歯の白さレベルが一段階高くなると言われており、自己管理できる方にとっては非常にありがたいものとなっています。

ホームホワイトニングの特徴

ホームホワイトニングで必要になるものは、自分専用の「マウスピース」と「薬剤(過酸化尿素が主成分)」です。

マウスピースにジェルタイプのお薬を塗布し、それを歯に装着することで酸化反応が起こり活性酸素が生成されます。

この活性酸素が歯に付いた黄ばみや着色汚れを分解し、歯に白さが戻ってくるという流れになっています。

このようなことから、まずは歯科医院を訪れ、歯型を取ることで自分専用のマウスピースを作成する必要があります。

マウスピースが出来上がった後は、薬剤塗布の説明を受けそれをご自宅に持ち帰りホームホワイトニングが始まります。

ホームホワイトニングの施術手順

1. 歯科医院で歯型を取り、自分専用のマウスピースを作る
2. 1週間程度でマウスピースができあがり、受け取るタイミングで薬剤の付け方などが説明される
(この際にジェルタイプの薬剤の提供を受ける)
3. 自宅に戻り好きなタイミングで1日2時間以上のマウスピース装着を約1ヶ月程度続ける

ホームホワイトニングを実践し始めた後も、歯の白さ変化を見ながら薬剤濃度などを変えるケースがあります。

薬剤が強すぎると歯に沁みるケースもあり、弱すぎるとあまり白くならないこともあるため、適切なレベルを見定める意味で数回程度歯医者さんへ経過観察に訪れるのが一般的です。

効果が現れるまでの期間と期待できる白さレベル

1日2時間以上毎日薬剤を塗り込んだマウスピースを歯に装着していると、概ね2週間程度で白さ効果が実感され始めます。

この後、毎日装着するという流れを約1ヶ月程度続けていただければ、自然で健康的な歯の色味(白さ)へと到達していきます。

白さ効果の現れ方は、患者さまの元々の歯の色味や食生活、タバコやお酒などの生活習慣によっても変わってきます。

必ずこのレベルの白さに到達するとお約束することはできませんが、一般的に色見本で2~3段階白くなると言われています。

ホームホワイトニングのメリット(強み)

ホームホワイトニングには以下のようなメリットがございます。

ホームホワイトニングのメリット
・マウスピースを装着する度に徐々に白くなっていくため、楽しみながらホワイトニングを実践できる
・ホームホワイトニングの方がオフィスホワイトニングよりも「白さ効果」を狙いやすい(時間をかけて象牙質付近にまで薬剤が浸透するため、奥深くの汚れまで分解しやすい)
・1ヶ月程度の装着で自然な白さが確保できた後は、白さ効果が長期間(約半年~1年)持続する(歯の色味は少しずつ時間をかけて戻っていくものの、一般的に半年以上は白さ効果が実感できる)
・約半年後にまたお薬をもらってホームホワイトニングを実施すれば、安定的に白さを確保し続けられる(マウスピース制作費は初回だけなので、トータルコストはオフィスホワイトニングよりも安価になる)

メリットとして最も押さえておくべきことは、ホームホワイトニングの方が「高いレベルの白さを狙いやすい」ということと、「白さ効果が長持ちする」という点です。

オフィスホワイトニングの場合には白さの持続効果は3ヶ月~6ヶ月程度と言われていますので、長期維持という点では圧倒的にホームホワイトニングの方が有利になっています。

ホームホワイトニングのデメリット(弱み)

高いレベルの白さが狙え、持続力もあるホームホワイトニングですが、以下のようなデメリットも考えられます。

ホームホワイトニングのデメリット
・実施し始めてから白くなるまでに時間がかかる(白さ効果が現れ始めるのは最低でも2週間程度は必要とされる)
・毎日2時間以上、トータル1ヶ月程度装着することが前提とされている(自己管理できず、付けない日が多くなってくると白さ効果も半減してしまう)
・カレーやキムチ、ワインやコーヒーなど着色しやすい食べ物や飲み物に日常的に気を使う必要がある(ホワイトニング期間中は色移りがしやすいため、できるだけ着色しやすい食材は避けたほうが良い)

ポイントとして理解しておくべきことは、「白くなるまでに時間がかかる」という点です。

イメージとして例えるなら、「オフィスホワイトニング=ウサギ」で、「ホームホワイトニング=カメ」という具合です。

白さゴールに向かって着実に歩んでいくホームホワイトニングですが、到達するまでに時間がかかるという点は押さえておきましょう。

また、日々薬剤をお口の中に塗布している状態は、食材などの色移りに弱い状態だとも言えます。

この関係で、ホームホワイトニングの実施期間中は色移りの激しい食べ物は極力控えたほうが良いということになります。

まとめ

ホームホワイトニングは「清潔感」が強く求められる現代社会において非常に人気のあるオプションとなっています。

当コラムでご紹介したように、メリットとデメリットをしっかり把握したうえでうまく白さ効果を取り込めるようにご調整ください。

なお、理想的なところで言うと、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニング双方の弱点を補える「デュアルホワイトニング」という選択肢もございます。

また日常的なケアとしては、ホワイトニング成分配合の歯磨き剤でのお手入れがお勧めです。

特に結婚式の披露宴など、大切なイベントが迫っている場合にはこのようなものもお考えいただき、ピンポイントの調整力などを加えていくと良いでしょう。

おすすめ記事

歯のマニキュア「ラミネートベニア」

ラミネートべニアとは? ラミネートべニアとは、歯を白く見せる審美歯科の施術のひとつで、歯の表面を薄く削り、上からセラミックなどのかぶせ物をする方法です。 ホワイトニングでは対応しきれない歯の変色にも対応できたり、2回ほど

神経を治療した歯の変色の理由と解決方法

神経を抜いた歯が変色してしまう理由 虫歯の治療の一環で神経を抜く場合があります。 そうではない場合も、転んだり何かが強く当たったりした衝撃によって歯の神経が死んでしまうこともよくあることです。 神経を抜いた歯は変色しやす

ホワイトニングに効果的な歯ブラシの選び方

ホワイトニング効果を高めるために歯ブラシの選び方が重要 お金を払ってホワイトニングを行うなら、効果はできるだけ持続させたいもの。 ホワイトニングの効果は人それぞれですが、2週間~12ヶ月ほどといわれています。 期間に差が