人気のホワイトニングを徹底比較

子供の口臭の原因と対策

大好きなお子さん。ぎゅっと抱きしめた時や顔を近づけたとき、お子さんのお口からの臭いに「ん?なんだか臭う?」と思う事がありませんか。

小さなお子さんでも口臭が発生することがあるのです。

そこで子供の口臭の原因と対策についてご紹介します。

子供の口臭に悩む親

実は子供の口臭に悩む親は意外と多いです。

実際、ネットの質問掲示板には「3歳の娘の口臭が気になる。病気ではないのかと心配している」「6歳の子供の口臭が酷く、学校で友達に嫌がられていないか気になる」といった質問がたくさん掲載されています。

子供の口臭に悩み、歯医者さんに連れて行かれる方も多いようです。

また、「近所のお友だちの口臭が酷い」「中学生の子供が自分の口臭を気にしている」という質問も。

口臭は非常にデリケートな問題のため、気にされるご両親が多いようです。

子供の口臭の原因は?

一般的に「子供には口臭は無い」と思われている方が多いようですが、残念ながら子供でも口臭が発生してしまいます。それはなぜでしょうか?
原因別にご紹介します。

原因① 歯磨がきちんとできていない
食べ物のカスは歯垢(プラーク)となり細菌の拠り所になります。

そして歯垢は口臭の原因に。また、歯垢は固まるとおよそ二日で歯石となります。

歯石を放置すると歯茎が腫れて膿がでることも。この膿も当然、口臭の原因となります。

原因② 病気が関係している
口臭の原因は口内をはじめ、体になんらかのトラブルが発生している可能性があります。

虫歯をはじめ、最近では食生活による変化で子供の歯周病が増えてきているという情報も。

また、鼻に膿が溜まり悪臭を放つ蓄膿症なども口臭の原因になり得ます。

他にも便秘症の子供に口臭がしてしまう場合も。

原因③ 口呼吸している
鼻で息をせず、口呼吸をしている場合も口臭の原因と考えられます。

なぜなら、口呼吸によって口の中が乾燥すると、口臭に繋がるためです。

寝起きや緊張したときに口臭がするのは、口内の水分が減り細菌が繁殖しやすい状態になっているからです。

鼻が詰まりやすいお子さんは一度小児科や耳鼻科で相談してみると良いかもしれません。

子供の口臭を防ぐ!対策法4選

効果的な子供の口臭の対策方法をご紹介します。

対策① 丁寧な歯磨きを心がける
実際に歯医者さんに聞いたお話ですと、小学生に上がったタイミングで虫歯の子供が激増するそうです。

未就園児と違い子供に歯磨きを任せている為、磨き残しが多くなってしまうのが原因と言われています。

小学校高学年に上がるまでは、親が仕上げ磨きをしてあげましょう。お子さんとのスキンシップにもなります。

対策② 舌磨きをする
口臭でお悩みの方は、一度お子さんの舌をチェックしてみてください。

白く汚れている場合は、舌苔(ぜったい)といってコケが付着している可能性があります。

この舌苔は歯の磨き残しで発生します。舌ブラシか歯ブラシで優しく取り除いてあげましょう。

対策③ 病院で相談する

お子さんの口臭の原因がなんらかの病気にあると疑われる場合は、病院で一度相談してみるのがよいでしょう。

虫歯や歯周病の場合は歯医者。鼻詰まりや口呼吸が気になるときは、耳鼻科に。

どの科に行けばよいか迷う場合は、かかりつけの小児科で相談してみるのが安心です。

対策④ 口臭サプリを摂取する

口臭の原因の9割は口内にありますが、残り1割は胃など体に問題があります。

口内トラブルや病気に心当たりが無い場合は、口臭サプリを試してみるのが良いでしょう。

便秘など腸内環境に口臭の原因があるお子さんには特におすすめです。

子供でも摂取可能な口臭サプリは数多く販売されています。

ただし、お子さんの年齢によっては、タブレットタイプ型は喉に詰まる可能性もありますので割って与えるなどサポートが必要です。

以上、「子供の口臭の原因と対策」についてご紹介させて頂きました。

口臭は大変デリケートな問題です。

万が一にも大切なお子さんが口臭で悩んでしまったり、からかわれてしまったりしては悲しいですね。

「まだ子供だから……」と放置せずしっかりと早めに対策にすることをおすすめします。

おすすめ記事

歯のマニキュア「ラミネートベニア」

ラミネートべニアとは? ラミネートべニアとは、歯を白く見せる審美歯科の施術のひとつで、歯の表面を薄く削り、上からセラミックなどのかぶせ物をする方法です。 ホワイトニングでは対応しきれない歯の変色にも対応できたり、2回ほど

神経を治療した歯の変色の理由と解決方法

神経を抜いた歯が変色してしまう理由 虫歯の治療の一環で神経を抜く場合があります。 そうではない場合も、転んだり何かが強く当たったりした衝撃によって歯の神経が死んでしまうこともよくあることです。 神経を抜いた歯は変色しやす

ホワイトニングに効果的な歯ブラシの選び方

ホワイトニング効果を高めるために歯ブラシの選び方が重要 お金を払ってホワイトニングを行うなら、効果はできるだけ持続させたいもの。 ホワイトニングの効果は人それぞれですが、2週間~12ヶ月ほどといわれています。 期間に差が