人気のホワイトニングを徹底比較

ホワイトニング歯磨き粉に含まれる美白成分と効果について

普通の歯磨き粉とホワイトニング歯磨き粉の違いは?

普通の歯磨き粉とホワイトニング歯磨き粉。

何が違うのか気になる方も多いのではないでしょうか? 

普通の歯磨き粉は、研磨する事で歯の汚れ(プラーク)を取り除き、虫歯や歯周病、口臭予防を目的としています。

一方、ホワイトニング歯磨き粉は、歯を白くすることを目的としています。

ホワイトニング歯磨き粉に含まれる有効成分=美白(ホワイトニング)成分には、歯を白くする効果があります。

そして、この美白成分が普通の歯磨き粉よりも豊富に含まれているのがホワイトニング歯磨き粉の特徴になります。

年齢を重ねることで顕著になって来た歯の黄ばみや煙草のヤニによる着色汚れが気になる方は、普通の歯磨き粉よりも効果の高いホワイトニング歯磨き粉を選ぶと良いでしょう。

美白(ホワイトニング)成分とは?

美白成分には、どういった成分が含まれているのでしょうか?
代表的な成分例として、「ポリリン酸ナトリウム」「ハイドロキシアパタイト」「ポリエチレングリコール」などがあります。

あまり聞きなれない名前の物が多いですが、「ポリリン酸ナトリウム」はステインを浮かび上がらせて汚れを落としてくれます。

「ハイドロキシアパタイト」は、骨や歯と同じ成分でリン酸カルシウムに含まれます。

滑らかさのある白い歯に有効です。

「ポリエチレングリコール」には煙草が原因のヤニを浮かせて除去する成分が含まれています。

このように、ホワイトニング歯磨き粉には、歯の美白を目的にした様々な有効成分が入っています。

商品によって含まれる成分が異なりますので、使いたい成分が含まれているかどうか、購入前にパッケージを確認してみるのも良いですね。

美白(ホワイトニング)成分の効果は?

実際、美白成分にはどの程度の効果があるのでしょうか?
ホワイトニング歯磨き粉に含まれる美白成分で得られる効果は、「本来の歯の白さに近づける」こと。

ですので、元の歯よりも白くすることは出来ません。

しかし、蓄積された汚れを落とすだけで見た目の印象も大きく変わります。

更に継続することで、汚れを付きにくくする効果も。

もし「本来の歯よりも白くしたい」という場合は、歯医者でより強い薬剤で漂白を行う必要があります。

当然、歯へのダメージも強く歯が弱い方には不向きです。

ホワイトニング歯磨き粉を使用する場合、全ての歯を丁寧に磨くことでより一層の効果が期待出来ます。

また、デンタルフロスを併用するともおすすめ。

歯と歯の間の汚れを落としてから、ホワイトニング歯磨き粉を使用することで、より一層、美白成分を浸透させることが出来ます。

毎日、ホワイトニング歯磨き粉を使うことで、より高いホワイトニング効果を期待することができます。

ぜひ、継続して清潔感に溢れた白い歯を手に入れましょう。

おすすめ記事

歯のマニキュア「ラミネートベニア」

ラミネートべニアとは? ラミネートべニアとは、歯を白く見せる審美歯科の施術のひとつで、歯の表面を薄く削り、上からセラミックなどのかぶせ物をする方法です。 ホワイトニングでは対応しきれない歯の変色にも対応できたり、2回ほど

神経を治療した歯の変色の理由と解決方法

神経を抜いた歯が変色してしまう理由 虫歯の治療の一環で神経を抜く場合があります。 そうではない場合も、転んだり何かが強く当たったりした衝撃によって歯の神経が死んでしまうこともよくあることです。 神経を抜いた歯は変色しやす

ホワイトニングに効果的な歯ブラシの選び方

ホワイトニング効果を高めるために歯ブラシの選び方が重要 お金を払ってホワイトニングを行うなら、効果はできるだけ持続させたいもの。 ホワイトニングの効果は人それぞれですが、2週間~12ヶ月ほどといわれています。 期間に差が